FC2ブログ
   
02
4
5
7
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

左目探偵EYE【第03話】

第3話感想いきます!

冒頭、瞳先生からの助けてコール。
『まっすぐな男』第2話系統ですね、分かります(笑)
ってか瞳先生・・・生徒にたかっちゃダメでしょう!(笑)
友人の結婚式での彼女もなかなか。
笑顔で「ムカつく」とか「何でだろ。 殺 意 が 芽 生 え た 」とか!(笑)

愛之助が瞳先生を怒鳴るシーンは何だかんだ言って瞳先生のこと本気で心配してるんだなぁ、と。
精神的にかなり限界近いのも感じられて・・・。
いつ誰が狙われるか分からない状況ってのは効きますよねぇ。

それにしても。
愛之助がホテルで1人奔走してるのを見てフッと笑うシーンとか。
愛之助の首に手をかけてニッと笑うシーンとか。
ラスト、心底楽しそーに「謎を解くか・・・俺を殺すか」とか、
何でこうも見事にいちいちツボ突いてくるんだ、夢人!
そして「3ヶ月でお前という人間を根っこから変えてみせよう」発言。
これでホントに愛之助までダークサイド落ちになったら・・・ 最 高 な ん で す が 。

そして上手い具合に第1話、第2話の誘拐事件と結び付けてるのが・・・!
ってことは、今回の事件も次の犯罪計画へのステップなんだろうなぁ。
こうやって1つ1つの事件が繋がっていくの、(・∀・)イイネ!!

晶の飄々さも回を増すごとにいい感じで、
最終的に夢人と組んでくれちゃったりなんかしてくれないですかね・・・!
スポンサーサイト



theme : 左目探偵eye
genre : テレビ・ラジオ

tag : 左目探偵EYE

龍馬伝【第06話】

第6話感想いきます!

「毎夜毎夜、黒船が夢に出てきて、一睡もできん」
と言う割に、
桂さん、それって・・・黒船の模型じゃ・・・。
「分かりませんっ!」
とか、真面目なんだかふざけてんだか分からないお人だ(笑)

そして今回初登場の松陰。
死罪になりかねないのを承知で黒船に乗り込んでアメリカに行きたいと語る様は
まるで弥太郎のアップグレード版(笑)のようでした。

弥太郎と言えば。
プ ロ ポ ー ズ し ち ゃ っ た よ こ の 人 ( ゚Д゚)

そして、少し吹っ切れた感の出てきた龍馬。
弥太郎とは入れ違う形で土佐にいったん帰るんですね。
そしてもう一度江戸に戻った時に仁先生と会う訳ですね(違)

それにしても。
江戸に戻ることを「嘘ついたら針千本飲ーます」と約束した龍馬に対して
「 本 当 に 飲 ま せ ま す か ら ね 」 と告げる佐那。
いやいやいや、あなたが言うとシャレになりませんから!(笑)
告げられた瞬間にみるみる変わっていく龍馬の表情がまた何とも(笑)

theme : 龍馬伝
genre : テレビ・ラジオ

tag : 龍馬伝

龍馬伝【第05話】

第5話感想いきます!

遂に黒船来航。
「泰平の 眠りを覚ます 上喜撰 たった四杯で 夜も眠れず」
黒船にただただ圧倒されるだけの江戸の様子が見事に表されたこの狂歌、
今になって実感できた気がします。
黒船を目の当たりにして日本や自分自身の小ささを痛感させられたことが
龍馬のその後の行動に大きく影響を与えたんだと思うと、
まさに“その時歴史が動いた”ですね。
まぁ、日本がアメリカに「引きこもり(・A ・) イクナイ!」と言われただけっちゃだけなんですけどね(笑)

そして日本史を勉強した時や今でも時々ふと思うこと。
日本がこの黒船来航の時の衝撃を忘れずにいたら、
日清戦争や日露戦争、十五年戦争へ身を投じることはなかったのかなぁ、と。
媚びへつらうとまではいかなくても、富国強兵なんて言って強がらずに
他国と持ちつ持たれつの関係を築けていたら、どんな世の中になっていたんでしょうね。

さて。
龍馬が黒船に圧倒されて剣術修行そのものに疑問を持ち始めて悶々としているという時に。
重太郎・・・。
「佐那、お前の恋は必ず成就させてやる!」
って・・・。
一人で盛り上がらないで下さい、兄上!(笑)

それにしても乙女姉さん、ホンット龍馬のことをよく理解してあげてますよね。
手紙から龍馬の本心だとか迷いだとかまで読み取って、
前回のように一喝したり今回のように静かに諭したり。
こんなお姉さんがいる龍馬が心底羨ましいです。
そして「侍として当然のことじゃ」と一人ツンケンしている父上。
んもう、ホントは龍馬の変化や成長が純粋に嬉しいクセにっ!(笑)
乙女姉さんが諭しているように、今の龍馬にはまだまだ迷いや漠然さがありますが、
確実に幕末の風雲児近付いていってますよね。

theme : 龍馬伝
genre : テレビ・ラジオ

tag : 龍馬伝

853~刑事・加茂伸之介【第03話】

第3話感想いきます!

加茂に「ケチ!」言われて「・・・ケチ?」と反芻する係長。
華麗にスルーするかと思ったら、意外とこういうこと気にしちゃうんですねぇ、係長(笑)
そして何と言っても!
係長のあの笑顔・・・っ!
こんなに早く係長の笑顔が見られるとは思っていなかったので、
完全に不意打ちだったじゃないですか!

そして捜査資料をもらえない加茂に合掌・・・。
「あ、忘れてた」って・・・。
酒井ひでぇ!(笑)

それにしても今回は坂口さんグッジョブ!でしたね。
携帯のGPS機能なんて、アナログな加茂には絶っ対思い付かない方法ですからね(笑)

加茂と犯人が殴り合うシーンは迫力あるというかリアルというか。
カメラが瞬時にそれぞれの視点に切り替わるので、
思わずこっちが「痛い痛い痛い痛い痛いぃぃぃぃぃっ!」となってしまいましたよ。

theme : 853~刑事・加茂伸之介
genre : テレビ・ラジオ

tag : 853 刑事・加茂伸之介

853~刑事・加茂伸之介【第02話】

第2話感想いきます!

加茂・・・。
暗くて地味な作業が嫌いって・・・。
デジタルが苦手って・・・。
刑事としてどーなの!(笑)
USBも分からないのはさすがにマズいと思います(笑)
証拠品や資料の精査は捜査の基本中の基本中じゃないんですか(笑)

ってか、“ ブ ー ク ラ ” って・・・。
その言い方、世代バレまっせ(笑)
加茂のこのノリの軽さが(・∀・)イイネ!!

そして気になる加茂の過去。
今回も小出しされてましたね。
背後から撃たざるをえなかった理由、気になりますが・・・。
「過去の罪は、その時償わないと手遅れになる」・・・。
まぁ、これは最終回まで引っ張るんでしょうねぇ。

それにしても。
乳揉みはこのドラマのお約束なんですか(笑)

theme : 853~刑事・加茂伸之介
genre : テレビ・ラジオ

tag : 853 刑事・加茂伸之介

左目探偵EYE【第02話】

第2話感想いきます!

夢人のことを「この世に存在する価値がない」と言い切る愛之助。
“兄ちゃん”呼びから完全に“兄貴”呼びになりましたし、
夢人との別離と対峙の意思が固まったことを示唆してて、ちょっと切ないですねぇ(つД`)

誘拐事件の真相にはちょっとビックリでした。
夢人達だけの計画だとばかり思い込んでいたので・・・。
思い詰めて手首切ってしまう正樹がもうね・・・(つД`)
ってか、、愛之助。
な ぜ そ こ で 正 樹 の 首 に 手 を 回 す ん だ 。
いやいやいや、喋ってんだから脈は触れるだろう(笑)

そして夢人から愛之助へのアピールっぷりは相変わらず、と(笑)
正樹が拉致られた直後を狙って愛之助に「ウソついてゴメ~ン」な電話かけてくるとか。
ラストの「ホラ、お前が俺のことバラそうとするから」と言わんばかりの笑みとか。
どんだけSなんだ、夢人!
このドSっぷりが、夢人が夢人たる所以なんでしょうけど(笑)
ってゆーか夢人、フツーに誘拐事件の 捜 査 会 議 に 参 加 し て る し 。
どんだけ無能なんだ、警察!(笑)

ところでラスト。
ふと気になったのですが。
警察署の入り口で愛之助が夢人のことをバラそうとした警官が撃たれるシーン。
夢人が署内から出てくるの、かなり後でしたよね?
ど ん だ け 地 獄 耳 な ん だ 、 夢 人 。

theme : 左目探偵eye
genre : テレビ・ラジオ

tag : 左目探偵EYE

まっすぐな男【第03話】

第3話感想いきます!

鳴海が 聖 女 って。
・・・まぁ、黙ってれば(笑)
この時の健一郎と矢部の息の合いっぷりが(笑)

そしてお約束すぎる健一郎の鈍感っぷり。
志郎に言われて初めて圭乃の好意に気付くとかもうね。
『覇王伝』なんか勧めてる場合じぇねぇよ!(笑)
告白する前から失恋決定な志郎に合掌・・・(-人-)
圭乃も圭乃で、もしかしなくてもデートって気付いて・・・ない・・・?

健一郎のお人好しっぷりにはもはや呆れが入ります(笑)
鳴海の母親を探すために神楽坂の料亭に片っ端から電話かけまくったり
有休まで取ったり遺品まで預かったり。
今回そのお人好しっぷりは少し裏目に出てしまいましたけどね・・・。

それにしても。
矢部に惚れそうです(笑)
何だろう、一見ヘラヘラしてるようにも見えますが、存外一途っぽいトコありますよね?
このギャップが・・・(*´д`*)

theme : まっすぐな男
genre : テレビ・ラジオ

tag : まっすぐな男

まっすぐな男【第02話】

第2話感想いきます!

冒頭の助けてコール。
まぁ、そんなオチじゃないかと思ってはいましたが。
うん、確かにゴキブリを見かけてしまったら始末するまでは眠れなくなりますよね(笑)

それにしても鳴海の天然小悪魔っぷりというか。
大 麻 を 堂 々 と ベ ラ ン ダ に 出 す と か 。
これは・・・国枝でなくても鳴海に復讐したくなるっつーか・・・(笑)
でも、国枝の怒りの矛先のそらし方は心底悪魔だ・・・。
「そうなった時は、成仏して下さい」
って・・・。
成 仏 で き る か !

説明会の流れはお約束っつーかできすぎっつー感が否めないでもないですが。
健一郎だからこそ、皆ほだされるんでしょうねぇ。
ホント、健一郎と『LIAR GAME』のナオってどっちがよりバカ正直なのか気になります(笑)

theme : まっすぐな男
genre : テレビ・ラジオ

tag : まっすぐな男

LIAR GAME Season2【第09話】

第9話感想いきます!

「ゴールドラッシュ」の結果発表シーン、なんで光の国メンバーまで驚いてんの(笑)
でも、カツラギが女性だからかなのか何なのか、
ヨコヤん時よりちょっと決着の付け方が印象違って見えますね。
アキヤマがカツラギを信じてカードを渡すシーン、いいですよね。
今までと違ってカツラギが少し寂しげな表情になるのも(・∀・)イイネ!!

原作の『roots of A』のエピソードにあたる部分も、
プロファイリングの正解者が原作ではアキヤマだったのが、
ドラマではカツラギに変更になってますよね・・・?
これはいいアレンジだと思います。
カツラギの本心が上手く暗喩されてるなぁ、と。
アキヤマが心理戦に長けるきっかけになったのが
ドラマではこのエピソードになっているんだとしたら、それもアリかと。
ってか、この回想シーン見る限り、アキヤマ ⇔ カツラギにしか見えないんですけど!(笑)
何だあの2人で本のページを戻し合うシーン・・・!
ウッカリとツボでしたよ(笑)

ってか、ヨコヤーっ!
辞 退 と か あ り 得 な い ん で す け ど ・ ・ ・ !
え?
え?
え?
ヨコヤも劇場版出る・・・んですよ、ね・・・?
なのに辞退・・・?
これはもう劇場版観て確かめるしか・・・!(どの道観るクセに(笑))
田辺誠一も出るみたいですし、劇場版も楽しみです

theme : ライアーゲーム
genre : テレビ・ラジオ

tag : LIAR GAME ライアーゲーム

LIAR GAME Season2【第08話】

第8話感想いきます!

今回の過去パートは原作でいう『roots of A』のエピソードにあたる部分ですね。
上手くカツラギ絡めてきたなぁ。
あれじゃあカツラギがアキヤマに対してコンプレックス抱くのもムリはない・・・。

ってか、カツラギ、ドSっぷり遺憾なく発揮な上に、次々と原作ヨコヤと同じことしだしてますねぇ。
女版ヨコヤ・・・(・∀・)イイネ!!

ってか、マジで「ゴールドラッシュゲーム」に進むの早っ!

そしてフクナガのハッタリのかけ方の上手さも遺憾なく発揮でしたねぇ。
でもフクナガ・・・声裏返ってるって(笑)

カツラギにしてやられてテンションダウン
 ↓
アキヤマから必勝法を聞いてテンションアップ
な光の国メンバーがまた分かりやすくていいですねぇ(笑)

theme : ライアーゲーム
genre : テレビ・ラジオ

tag : LIAR GAME ライアーゲーム

LIAR GAME Season2【第07話】

第7話感想いきます!

フクナガ・・・お前ってヤツぁ・・・。
前回アッサリとナオ達を裏切ったと思ったら再びアッサリとナオ達の元へ。
「また寝返ったの!?」
とタニナカに言われてもしゃあしゃあと
「はぁ!? お前らと組んだ覚えないから!」
さらにはナオに
「保険だよ、保険。ただの保険」
そ れ で こ そ フ ク ナ ガ ! (笑)

それにしてもヤスカワのノート。
ムダに凝ってるなぁ、と(笑)
特に十字架。
あんなに立体的に描く必要なくね?(笑)

そしてナオのしつこさを改めて実感しました(笑)
マキゾノと接触するようカワイとタニナカに詰め寄る様子はもはや執念・・・。

Season1以来久々登場のヨコヤは相変わらずヨコヤでした
原作と違ってフェードアウトなのかと心配していたので、めっちゃ嬉しいですよ!
映画版にも引き続き出てくれるようなので、今から楽しみで仕方ありません

theme : ライアーゲーム
genre : テレビ・ラジオ

tag : LIAR GAME ライアーゲーム

プロフィール

Teano

Teano


■ハマりもの■
 * ドラマ *
 * 映画 *
etc...

最新記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

ランキング



FC2 Blog Ranking

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとも申請する