FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

JIN-仁-【第10話】

第10話感想いきます!

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`) 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

え~・・・。
先週に引き続き、号泣継続中であります。
「南方がおれば、坂本龍馬は死なん」
「助けますよ、俺が。この手で」
前期8話のやり取りをここで再現するのは反則ってもんです(つД`)
もう龍馬が息を引き取るシーンはリアルにボロ泣きでした ・゚・(つД`)・゚・
ああ・・・やっぱり原作(史実)通りになってしまいましたね・・・。
ドラマは原作と展開を変えてきてたり、予告で野風が「坂本様・・・お久し振りでありんす」
って言ってたりしたので、ちょっぴり龍馬生存ルートに期待したのですが・・・。
ですよね・・・龍馬が死なないとあのラストにもっていけないですもんね・・・。

それにしても。
龍馬が意識を取り戻した後、がまるで子供を寝かしつけるようにポンポンと叩いてあげるところとか
優しい口調で語りかけるところとか、後の展開を知った後で見返すとますます泣けてきます(つД`)

そして東・・・。
どうしてこんな不器用な生き方しかできなかったのかと思うと・・・。
咲が言っていた「東様がお守りしようとしたのは、坂本様の生き方のようなものだったのではないかと」
というセリフにハッとさせられました。
初めは兄の敵である龍馬を斬るつもりで龍馬に近付いて、
そのうち龍馬に感化されてあんな笑顔まで見せられるようになったのに、
結局は龍馬を斬らざるを得なくなって自分も自害するしかないなんて・・・(つД`)
ってか、前期からこんなに綺麗に伏線貼ってるとか、スゴすぎです。

西郷に言った勝のセリフがまたいいですよね。
「おいらがあいつを真似してんじゃねぇ。あいつがおいらの真似をしてんだよ。
あいつとおいらは一緒なんだよ。あいつは終わっちゃいねぇんだよ」
龍馬と勝、佐幕と維新。
本来は相容れないはずの立場でありながら、龍馬の遺志を引き継いでいる勝に感涙でした。

そして。
ゴ メ ン な さ い 山 田 先 生 あ な た の こ と す っ か り 失 念 し て い ま し た (酷)
ってか、三隅の件、原作よりアッサリ片付けられちゃいましたね。
まぁ、三隅を斬るはずだった東が自害しちゃいましたからねぇ(つД`)

さて。
来週はいよいよ最終回ですね。
前期と同じく2時間スペシャルということなので、じっくり楽しめそうです
スポンサーサイト



theme : JIN-仁-
genre : テレビ・ラジオ

tag : JIN

JIN-仁-【第09話】

第9話感想いきます!

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`) 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

思えば前期から覚悟はしていたことですが・・・。
龍馬が斬られる前の、龍馬とのやり取りが悲劇に拍車をかけてます。
ってか、龍馬が「わしゃあ昨日、殺されるはずだったがかえ?」とか
「わしゃあそろそろ、おらんなってもええかえ?」とかに問うた時は本当にドキリとさせられました。
「先生はわしにとって、夜の海に光る道標じゃ」というセリフ、
の言う通りまるで別れの言葉と言うか、言い残した言葉を告げているようにしか見えなくて・・・(つД`)
後の展開がアレな分、龍馬の穏やかな笑顔やの満面の笑みがますます切ないったらないです。
そして軍鶏鍋食べれて良かったね、龍馬・・・(つД`)

「まっこと、それより他に道はないがかえ!?」と問われて躊躇いを見せる恭太郎とか、
龍馬と恭太郎の対峙もやるせない・・・。

ってか、龍馬暗殺、原作とかなり違ってますよね?
原作では東から沖田をかばって斬られているんですが、ドラマでは沖田が出ていないですし、
そもそも恭太郎が龍馬暗殺を命じられるのはドラマオリジナルの展開ですよね・・・?
てっきり恭太郎から東をかばって斬られるのかと思ったら、東に斬られるのは原作通りという・・・。
フェイントかけすぎですっ!(笑)

さて・・・。
後半の展開がアレな分、ちょっと前半のコメディ部分でちょっと逃避してもいいですか?(笑)
「海の向こうのおなごと縁を結ぶと書いて、海隊じゃ!」な龍馬とか!
「嘘やないぜよ」と言う龍馬に思わず「嘘だと言ってぇぇぇぇぇっ!」
そんな由来嫌ぁぁぁぁぁっ!(笑)
そして
咲「すみません先生、お忘れ下さいませ!」
「(満面の笑みで) あ 、 は い !
佐分利「って、ええ、忘れるんでっか!?」
な流れ、思いっ切り噴いてしまったではないですか(笑)

theme : JIN-仁-
genre : テレビ・ラジオ

tag : JIN

JIN-仁-【第08話】

第8話感想いきます!

野風さん・・・本っ当にゴメンなさい・・・!
龍馬暗殺が目前でやっぱもうそれしか頭にないです(つД`)
(麻酔なしの帝王切開が見るだけでも痛くて痛くてキツかったのもありますが

ってか、アレ・・・?

お 龍 さ ん は 何 処 ?

第4話でチラッと出て以来ですよね?
原作(というか史実)と大分展開を変えてきている感が・・・。
そう言えば野風の出産もドラマオリジナル・・・ですよね?
(原作は見事に京都編以降しか読んでいないので

今回は大政奉還の知らせを受けて「夜ぉが明けたぜよーっ!」と叫ぶ龍馬がホントにいいですね。
夢にまで描いた日本の姿がもう目前な訳で。
散々悩みに悩み抜いて辿り着いた道が拓けていくことは龍馬にとって何よりの報いになったんだなぁ、と。
そして自分が教えた保険の仕組みが船中八策に加えれていると知った時のの喜びようと言ったら。
が「歴史は変えられる」と確信した瞬間ですよね。
そんなに向ける、勝の色んな葛藤だとかしがらみだとかが入り混じった複雑そうな表情や態度がまた印象的でした。
お龍さんと言い、何だかここまできたら原作とは違った展開になりそうな気がしないでもないです。

ってか。
東に刀突き付けられても平気でグースカ寝てたり、の心配をよそに踊ってる龍馬には思わず気が抜けちゃいましたけど(笑)

それにしても「この子を抱くまでは、決して死にんせん」と言う野風は本当に綺麗でした。

theme : JIN-仁-
genre : テレビ・ラジオ

tag : JIN

JIN-仁-【第07話】

第7話感想いきます!

野風さん・・・ ・゚・(つД`)・゚・
彼女はどうしてこうも強くあることができるんでしょう・・・。
「2年“も”」と考えることができる野風は本当に強いと言うか。
子供ができたことで大きく心情が変わったんでしょうね。
それとは対照的に「戯れでありんす」「・・・と言うのは戯れでありんす」と咲をからかう野風もナイスです(笑)

そして刻一刻と迫る龍馬の暗殺・・・。
いつの間に1867年になってるんですかちょっとぉ! ・゚・(つД`)・゚・
頭痛に殺されることを覚悟してでも龍馬暗殺を止める気でいるがもうね・・・。
それにしても。
龍馬からの手紙が良い意味だと知ったとたんに「分っかんないですよぉ、龍馬さん!」と浮かれるとか。
龍馬からの手紙と写真がないのに気付いた瞬間血相変えて佐分利を問い詰めるとか。
先生ってホントに時々子供っぽいですよね(笑)

それにしても予告・・・。
次回もまた泣ける展開必至な・・・。

theme : JIN-仁-
genre : テレビ・ラジオ

tag : JIN

JIN-仁-【第06話】

まずは拍手お礼から。
5/21の記事に拍手して下さった方、ありがとうございます m(_ _)m


さて。
第6話感想いきます!

何 と い う 見 事 な “ と 龍 馬 の タ ー ン ! ” な 回 。

今回は今までの天真爛漫な龍馬とはまた違った一面が見れましたね。
武器商人としての、ちょっとダークサイドな龍馬も(・∀・)イイネ!!
「まずは相手を力で従わせんと、考えを述べることもできん!」という龍馬の考えも、
「暴力は暴力を生むだけなんです!」というの考えも、
どちらも実体験と史実に基づいた主張の分、どちらが正しいかなんて分からないですよね・・・。
「迷子になっちょったがじゃ」という龍馬のセリフ、
「お前は道を間違えるな」という久坂の遺言が上手く伏線になっていた気がします。
これをきっかけに龍馬は大政奉還へ向けて動き出すんですね。

そして何と言っても写真!
あの有名な龍馬の写真の横にが映ることになるのにはちょっと感動してしまいました。
写真を撮る直前、「ワシがあいた斬られても、残るがじゃろ」と言う龍馬にまた涙です・゚・(つД`)・゚・
やっぱり龍馬、前期で未来を見てきた気がしてなりません。
自分が近いうちに暗殺されることを知ってて、残り少ない時間を必死に使っているように見えて・・・。

それにしても、の龍馬に対する態度が前半と後半で見事に対照的で、これまた良かったですよね。
再会した時はあんなにめちゃくちゃ嬉しそうにしてハグまでしちゃって(笑)
それでいて戦争を目の当たりにして嬉々とする龍馬には思いっ切り怒りの表情を見せたり。

ってか。
ダークサイドでもユーモアさは忘れないあたり、龍馬は龍馬というか。
東との密会とか武器の密輸をに見られた時の龍馬、あれはどー見ても妻に浮気現場を見られた夫です(笑)
あのキョドり具合、ホントに龍馬らしいです(笑)

theme : JIN-仁-
genre : テレビ・ラジオ

tag : JIN

プロフィール

Teano

Teano


■ハマりもの■
 * ドラマ *
 * 映画 *
etc...

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

ランキング



FC2 Blog Ranking

最新コメント

最新トラックバック

リンク

ブロとも申請フォーム

ブロとも申請する